関西医科大学 形成外科学講座

Kansai Medical University, Dept. of Plastic and Reconstructive Surgery

乳房再建

乳房再建の術式は再建材料によって大きく二つに分けることができます。一つは人工物(乳房インプラント)による再建です。もう一つは自分の皮膚や脂肪や筋肉(自家組織と言います)を用いて再建する方法です。いずれも保険適応となりました。それぞれに欠点・利点があり、乳腺外科の術式、乳房形態によっては選択が困難な場合もあります。
具体的には自家組織では皮下に直接入れることが出来ますが、人体に異物を入れると様々な程度で異物周囲にひきつれ(カプセル)を形成するため、乳房インプラントは大胸筋の下にポケットを作成して挿入します。このため、自家組織再建のほうが下垂乳房を再現する事が容易です。ただし、乳房インプラントでは他の部位を傷つける必要がなく、社会復帰も早いと言ったメリットが有ります。また、癌がない側の乳房の形を整える乳房固定術を組み合わせると、左右差を解消することも可能です。
(この場合は保険適応外となることがあります。)
自家組織再建としては、背中に広がる広背筋を加工して乳房を再建する広背筋皮弁や、筋肉を犠牲にしないで腹部の脂肪のみを用いて乳房を再建するDIEP flap(下腹壁動脈穿通枝皮弁)があります。広背筋皮弁では背中に、DIEP flapでは腹部に線状の傷が残りますが、非常に自然で柔らかい乳房が再建できます。
また、できるだけ手術を1回で終わらせたいという方には、乳腺外科の手術と形成外科の手術を1回でできる「即時再建」も可能です。これにより術後の乳房の喪失感を軽減することが出来ます。更には経済的にも非常に有効ですし、入院期間も大幅に短縮できます。
切除してしまった乳頭乳輪も再建することが可能です。反対の乳頭の一部を移植する方法、再建した乳房の皮膚の一部を利用して乳頭を作成する方法等、様々な方法があります。いずれも保険適応です。
乳輪をタトゥーで再建することも可能です。この場合は自費診療となりますが、よりリアルな色合いを再現することが出来ます。当院のスタッフは大学病院にしては珍しく、専門の実技講習を受けておりますのでご安心下さい。
既に乳房切除をうけて数年経っている、術後に放射線治療を受けた、といった場合にも乳房再建は可能です。また、乳房温存術術後の乳房の変形に関しましても、体の負担が少ない手術をご提案いたします。「乳房のある、より良い人生」のために一生懸命考えさせていただきますので、是非ご相談下さい。
ページのトップへ戻る